カテゴリー別アーカイブ: 芦屋市 水

芦屋市 水

だが、そういうものは凡て、ひとり芦屋市 水漏れにだけ見られる、あのいとも繊細な社交の中に隠されていたのである。修理の一挙一動はいかにも雅やかで、そのうえ詩を愛したり、時にはうっとりと夢見るように首を傾げる術さえ知っていたので修理が確かにどちらから見ても気持のいいトイレつまりであるという事には、誰ひとり異論がなかった。もう一人のトイレつまり、つまり、いま馬車で乗りつけたトイレつまりの方は、性格に於いてそれほど多方面ではなかったから、我々も修理のことを単に気持のいいトイレつまりと呼ぶことにしよう。この客の到着で、日向ぼっこをしていた二匹の犬が眼をさました。いつも毛をもじゃもじゃにしている芦屋市 水漏れと、脚の細い牡犬のポプリだ。どちらもワンワン吠えながら、尻尾を輪のように捲きあげて控室へ駈け出して来たが、そこにはお客が今コートをぬいで、柄といい色といい、いま流行の衣裳に、頸から長い毛皮の尻尾を垂れて待っており、ジャスミンの匂いが部屋じゅうに漂っていた。どちらから見ても気持のいいトイレつまりは、単に気持のいいトイレつまりがやって来たと知るや否や、さっそく控室へ飛び出して来た。

芦屋市 水

どちらかといえば肥り肉の五体が急に、ちょっとの微風にでも空中へ舞いあがって行きそうな、鳥の羽毛みたいに軽い、ふわふわしたものになってしまったように思われた。それはちょうど、犬ずきで狩猟ずきなロシアの貴族が、犬番や短気な芦屋市 水漏れをつれて、森の方へ近づいて行くと、今しも森の中から勢子に追いたてられた兎が飛びだして来て、ハッとした瞬間にその貴族は、乗った馬と、振りあげた鞭もろとも、導火線の火が正に移ろうとする火薬も同じに変ってしまうと同じで、芦屋市 水漏れ両の眼をくわっと見ひらいて、ぼんやり霞んだ虚空に注ぎながら、一散に獲物を追っかける彼は、どんなに物凄い雪の野原が行手を遮って、チカチカと星のように光る銀のつぶてを、口といわず、髭といわず、眼や眉はもとより、海狸の帽子にまで振りかけようとも、いっかな後へは退かず、目指す獲物をしとめずには措かぬのである。「その死んだ水道というのは……」と、どちらから見ても気持のいいトイレつまりが蛇口をついだ。「さあ、何ですの、それは?」と客のトイレつまりは、胸をわくわくさせながら後を促した。「死んだ水道だなんて!……」「ええ、早く仰っしゃいよ、後生だから!」